next_yuのブログ

自分の経験を全てここに書き込みます!

[引退]杉内俊哉の通算成績と数々の伝説 巨人ホークスで日本一

9月11日杉内俊哉選手が今季限りで引退することを発表しました。

大好きな左腕の一人で、怪我からの復活を楽しみにしていましたが、残念ですね。。

松坂世代からまた一人ですね。。

 

 

 

 

通算成績

2018年時点

登板316 勝利142 敗北77 投球回数2091.1 奪三振2196 防御率2.95

何と言っても奪三振率の高さ、数字を見るだけでまっすぐとチェンジアップが思い浮かびますね🌟200勝できず残念ですが、実力人気とも200勝投手ですよね。

ダイエー(現ソフトバンク)での活躍

登板225 勝利103 敗北55 投球回1517 奪三振1597 

圧倒的に奪三振率ですね〜

巨人での活躍

登板91 勝利39 敗北22 投球回574 奪三振599

巨人に杉内投手が来て絶望感もあったけど、観れる嬉しさのが強かった。。

松坂世代 最高の左腕

甲子園の時からこの二人は、ライバルで松坂は西武に、杉内はダイエーに行き、同リーグで、3試合投げ合い松坂の3勝!松坂の背中をずっと追ってきただけにもう投げ合いが見れないのは本当に悲しい。。。

同世代はすごい選手ばかり?

松坂世代の選手では、投手中日松坂、巨人杉内を始め、ヤクルト館山、ソフトバンク和田、阪神藤川、広島永川、楽天久保とチームの一時代を担ってきた好投手ばかり。みんな松坂の背中を追って突っ走ってきたんでしょうね〜

野手では、先日引退を発表した前巨人村田やオリックス小谷野、横浜後藤などバッターでもチームを支える選手が多いですね〜

杉内投手の思い出

真っ先に僕が思ったのは、フォームの真似です!僕も左投なので野球するとき鞭のように腕振ったなーと思い出します😂これは、本当にあるあるですね✨

 

コントロールする力 心と技の精度アップバイブル (Professional Bible(プロフェッショナルバイブル))
 

 

不甲斐なくてベンチで自分の手を折った伝説

ロッテ戦で序盤から打ち込まれ、不甲斐ない自分に激怒。ベンチを両手で思っ切りボコボコに。両手とも骨折でそのシーズンを棒に振りました。ここまでしなくても。。っと思ってしまうが、この熱い気持ちがあっての成績ですね!

涌井と投げ合った伝説のCS

CSで杉内と涌井が投げ合い、延長11回杉内が先制ホームランを打たれ涙し、その裏涌井を続投させ、同じく127球目で同点に追いつかれてしまう、伝説の127球はずっと語り継がれるでしょう。

ノーヒットノーラン

巨人に移籍し、楽天との交流戦。交流戦では日本人初のノーヒットノーランを達成。最後のバッターのフォアボールさえなければ、完全試合でした。あの試合は今でもYouTubeで見ますが、球のキレはもちろんなんですが、コントロールが神がかりすぎている!!!こりゃ打てん。と絶望と尊敬が立ち込めたのを覚えています。

 

 

 

まとめ

杉内投手 ひとまずご苦労様でした。あなたの情熱的なプレースタイルと美しい投球フォームは唯一無二でこれからも心に残り続けるでしょう。

また、ファン以上にもう一度マウンドで投げたいと思っていたと思いますが、決断されたことにファンはお疲れ様とみんな思ってるはずです。

これからは、体を休ませてあげて家族との時間を大切にし、もう一度ユニフォームを着た杉内俊哉を見させて欲しいです!!

あなたのような素晴らしい左腕を観れることを楽しみにしています!!

本当にお疲れ様でした。

 

成績はnpb公式サイトを参照

 

サウスポー論 (ワニ文庫)

サウスポー論 (ワニ文庫)

 

 

アイキャッチ画像は、スポーツ報知参照